Spice日記(フラットコーテッドレトリーバーとの毎日)

spiceree.exblog.jp ブログトップ | ログイン

前向きに、前向きに、、ガンとともに。

元気だけがとりえの我が家の お転婆娘 お転婆ばあちゃんのチェリの闘病生活が始まりました。
命に永遠なんてあるわけはないんだから、いつかは、、と思っていました。
でも病名を告げられた時、やっぱり涙が溢れてしまいました。
でも、
やっと冷静な目で 現実として病気を認めることができたので、簡単にですが経過をご報告したいと思います。

(長いです・・!)

最初の異変?に気付いたのは今年の3月頃でした。
チェリがウンPをする時に一度で終わらず、片付け終わった頃にもう一度するようになりました。
「あれ?まだ終わってなかったの~?なんで一度でしないの~?」 なんて言いながら片付けていました。
変だなーと思っていたのですが、お腹を壊しているわけではなく他にどこか悪いところもなかったので、
4月の健康診断&狂犬病のワクチンの時に、先生に雑談程度でお話していたくらいでした。
(健康診断の血液検査は異常なし)

4月23日....
朝、チェリが起きてきた時に歩き方が一瞬不自然に感じたんだけど、そのあと、体を掻いたので、
体が痒いのか、と思ったのですが、
夕方、外出先から帰宅すると、チェリの右後ろ足に力が入っていないことに気付きました。
いつもなら家の階段を勢い良く上ってくるのに歩いていました。
足がおかしい・・・・・
足・・・
すぐにガンと結びつけてしまいました。
すでに病院の診察時間を過ぎていたので、翌日に病院に行くことにしたのですが、その日の夜は心配で
ちゃんと眠ることもできなかったのを覚えています。

4月24日...
病院にて腰、足などのレントゲンを撮っていただく。画像は綺麗。
でも腿の内側の筋肉が張っていて、右後ろ足をかばっているのがわかりました。
痛み止めで一旦は様子を見ることになりました。

4月26日...
心配で肺のレントゲン、内臓のエコーもお願いしました。問題なし。
直検(肛門に直接指を入れて腫瘍などがないかを診る)で、恥骨のあたりを触るけど、
これも特に問題なし。
足は、痛み止めが効いて良くなっていました。
念のために一週間分の痛み止めをいただいて、また症状が現われるようなら飲ませることにして
一週間後にまた見せてください、と先生に言われていました。

10歳の誕生日前日の4月29日から数日、お腹の調子が悪くなり。。
何も思い当たることがないのに、お腹が悪くなるのはやっぱり何か変・・・・・と思い始めました。

すごく元気なんだけど、、食欲もものすごくあるんだけど、何か、、、

気を抜いている時のふとした表情、

寝ているときの姿、、
目の力、、、
何か、、、

変な胸騒ぎを感じながらも、下痢も治り、足の調子も良くなったので様子を見ていたのですが、
5月下旬、また後ろ足に力が入っていないのがわかりました。
いただいていた痛み止めを飲ませて良くなったのものの、これはやっぱり何かがおかしい。

6月7日...
病院へ。(院長先生のいらっしゃる時間帯と私の都合のいい時間帯が合わずちょっと日数が過ぎてしまいました)
病院で新しく導入された体重計 (4本の足にそれぞれどのくらいの割合で体重がかかっているのか計れる)
にも乗せてみると、右後ろ足には全体のわずか8%しか体重が乗っていません。

そして再度、足腰のレントゲンを撮っていただきました。
やはり骨には異常がなかったんだけど、直検で、一ヶ月前には触ることのなかった かすかなふくらみが
恥骨のあたりにあって、これを触るとチェリがすごく痛がったのです。
「CT検査をしてきてください」
そういわれて、12日に練馬にある検査専門の病院を予約しました。

6月12日...
全身麻酔のため、朝食抜きで練馬の検査機関へ。
チェリを預け、しばらくすると若い先生が出てきておっしゃいました。
「やはり右股関節付近に腫瘍が見つかりました。神経や大動脈が近くにある難しい場所なんですが、
生検をされますか。担当医の先生と今、話をしたら、麻酔がかかっている時のほうがいいだろうという
ことなんですが」
腫瘍の場所は外から触っても容易にはわからない場所だったので、
手術で開かないと生検は出来ないと思っていたのですが、針で届くなら、と、お願いすることにしました。
そして全ての結果と採取した組織片を持って病院へ。
院長先生にCT画像と所見を渡す。

右股関節内側に5.0×4.9×2.5に腫瘤性病変。腰下リンパ節に左右差あり。
簡易検査用の組織片を調べると、細胞の形から 病名はおそらく 「悪性組織球症」とのこと。

悪性組織球症・・・・
知っている限り、近い親戚犬に悪性組織球症はいなかったので、ガンになっても
悪性組織球症だけはないと思い込んでいた。
ガンの中でもたちの悪いヤツ。進行が早い、転移も早い、予後が悪い・・・・

いろいろな考えはあると思いますが、チェリたちが将来ガンになってしまったら
抗がん治療や手術などの処置はしないで、痛みを抑える対処療法を選択しようと思っていました。
もちろん、年齢がまだ若い頃に発症してしまったり、腫瘤を完全に取り除けて完治を望めるような手術だったらやっていたと思うけど、
10歳という年齢、そして治療による長期の通院や入院、リハビリがもし必要になるんだったら、、
できるだけ家で普通に過ごさせてあげたいという思いがあったのです。

でも予後が悪いと言われているこのガンの病名を知らされた今、選択肢はありませんでした。
前述したように、腫瘍の場所が神経や大動脈のすぐ近くにあるため、手術は難しい。
足が動かなくなってしまう可能性もある。
病巣を取り除くことができないのなら、出来るだけ穏やかに過ごさせたいなら、
この転移の早いガンの進行を一刻も早く食い止めないと。

抗がん治療はチェリが副作用に苦しんでしまうと思い、抵抗があったのですが、
そのことを院長先生にお話すると、「僕だって日常生活もまともに送れないような抗がん治療はしない」と
副作用が少ない抗がん剤を使用するとおっしゃったこと、
とにかくチェリのQOLを最優先に考えたいという私たちの考えを理解してくださったことで
抗がん治療に踏み切ることにしました。

2種類の薬を使ったのですが、一回目の抗がん剤は先生のお話どおり副作用もなく、チェリの食欲も旺盛。
でも残念なことに後日服用したもう一種類の抗がん剤で食欲がなくなったしまいました。
生まれて初めて、チェリがご飯を食べなくなったのです。
やっと口にしたささみジャーキーも嘔吐。貧血も出てしまい、ほとんど動かなくなってしまいました。
納豆は食べたので、それに病院で処方された胃薬を飲ませることは出来たけど、
すぐに持ち直すことを期待したのに、食べなくなって 2日半が経ってしまいました。
このまま死んでしまうかも、、、そんな不安がよぎります。

休診日だったけど、院長先生に電話。
当直のタミー先生が点滴の用意をして待っていてくださいました。

チェリさん、家ではグッタリしていたんです。
目も死んでいて、、本当に力がなかったんです。

でも、、
病院に着いたら、急に元気になってお尻尾ブンブン。え。。。
ニコニコ顔で点滴開始(笑)
つらいくせにこういうふうにフラットって無理をしちゃうから、短命なのかなぁって思ってしまいました。。。

院長からチェリの状況を聞いていたタミー先生が「意外とね、こんなものは食べたりするんですよね」 と、
チェリに手作りクッキーを差し出しました。
すると、なんの躊躇もなく、パクッ! えぇ、、、?
家ではどんな食べ物にも顔を背けていたのに、、、
そして3枚のクッキーを完食。続いて病院のカリカリフードも完食!

c0050400_12404844.jpgしばらくすると、先生がまた何かを持ってきました。
ゆでた馬肉です。
食べてるし、、、というか、ガツガツ食いついてるし!
あっという間に完食。

ガンになってからお魚系にばかりこだわってしまっていた私。
食欲が落ちた時は何でも与えてみて、
また食べる喜びを思い出させないといけない、と先生。


c0050400_1248282.jpg
馬肉を完食したチェリ。
少しすると、また美味しそうな匂いがしてきました。
今度はゆでた豚肉!
これも食らい付いています^^;

その後も奥の部屋でなにやら仕込んでくださっている先生。
牛肉、また馬肉、クッキー・・・・・
牛肉は脂身が嫌だったみたいだけど、あとはガツガツ食べました。
その時の様子といったら、まるで魔法を見せられていたみたい。
あれだけ食べ物を拒否していたチェリが、目の前で美味しそうに
食べているんですから!
嬉しくて 涙涙の私でした・・・(TT)


これをきっかけにして翌日から少しずつ食欲が回復。
食べない間に、ダイエットしても28キロ台を切ることができなかった体重が27.5キロまで
落ちてしまいましたが、(理想29キロ台) 今はまた29キロ近くまで戻りました。

食べなかった日の分まで取り戻すかの勢いでものすごい食欲のチェリ。
夜もお腹が空いた!と訴えてきて なかなか寝てくれないので、ダイエット中のシャノンとあいるに見つからないように(笑)
こっそり台所の隅でいろいろ食べさせています。

食べることで体力も回復してきたようです。
外からかろうじて触れる範囲でしかわからないけど、抗がん剤が良く効いて腫瘍も小さくなっているようです。
ただ、副作用が出てしまってストップしている錠剤の方の抗がん剤を今後どうするか。
この抗がん剤で副作用が出たのはチェリが初めてだそう。
せっかく腫瘍を叩いているのに やめてしまうのは、、、、
微量からまた服用してみようか、検討しているところです。

チェリの体力が回復して、私も前向きに考えられるようになりました。

こうなったらチェリに ガンとともに生きる、元気なお婆ちゃん犬を目指してもらおう!!
ガンは消えなくてもいい、このまま大きくならず、転移しなければ 今のまま暮らしていけるんだから!

今は、以前のように食べることばかり考えているチェリ。
私のバックからオヤツの袋を引っ張り出して、「くれー!」と訴えております(笑)
お散歩も元気にしているし、まだまだ頑張れるよね??
6月21日 公園でいつものお散歩♪
c0050400_13182942.jpg

6月18日 親子で♪
c0050400_1328840.jpg

by spice_ree | 2010-06-23 14:07 | 闘病 健康 | Trackback | Comments(29)
トラックバックURL : http://spiceree.exblog.jp/tb/14639854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Geminiママ at 2010-06-23 19:42 x
Reeさん、blogのUP、お疲れ様でした。
ちぇりちゃんもアンヨに力が入らないっていうのが兆候だったのね、、、。
でも、ちぇりちゃん、目ヂカラあるし、まだまだ全然頑張れるよ。
転移せず、小さいまんまで、まだまだずっと頑張れるよ。
でも、視認できない難しい場所の腫瘍を発見できたReeさんの日頃からの観察力に脱帽です。
ほんとによく、この段階で気づけたと思います。尊敬。
Commented by じゅんぽん at 2010-06-23 20:27 x
ちぇりちゃん!頑張れ~~!
ママも負けないでね!
Commented at 2010-06-23 21:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by spice_ree at 2010-06-23 21:42
◆Geminiママ
ありがとう。
でも最初に足がおかしいって思った時にもっと深く検査していたら
一ヶ月も早く治療を始められたんだよ・・・
ガンに侵されているというのに 4月に狂犬病のワクチンまでしてしまって、、
でも足がちょっとおかしいからっていきなり全身麻酔でCT検査まで
できるかと言ったら、そこまではしないと思うから、、、
今回のタイミングで発見されるしかなかったのかな。。
腫瘍が5センチにもなっていたというのがちょっとショックで。

写真はやっと食欲が戻ってきた日の夜のものです。
前日まで本当になんの力もなかったから、眼力が復活してよかったー

そうだよね、10歳だから進行が遅いと祈りたいです!
Commented by puri-puri-prier at 2010-06-23 21:43
ちぇり姉さん!がんばれ! 
姉さんなら、ガンなんかに負けないと思うよ!
たくさん食べて免疫力Upしてやっつけちゃって!
Reeさん、ここまでに至るのに物凄くパワー使ったでしょう。

さぁ!負の気は排除で前向きに!前向きに!
全身全霊かけて応援しているからね!
Commented by spice_ree at 2010-06-23 21:45
◆じゅんぽん
ありがとう・・・・
今回は7月に一緒に出られなくて残念。
迷惑をかけてごめんね。
でもおかげさまでこの間よりずっと良くなってます!
頑張るね!
Commented by spice_ree at 2010-06-23 22:06
◆鍵コメ 2010-06-23 21:26 xさん
こんばんは。
そうです。あの時の、、ですね!
ずっと見てくださっていたのですね。
嬉しいです。

そうですか、同じ病気ですか・・・
でも元気に闘病生活を送っているということ、ものすごく励みになります、本当に、、
ガンを告げられた時は、夏を越せるか、新年を迎えられるか、
って、残された期間ばかり考えてしまったけど、
こうやって普通に日常生活を送れているワンコもいると聞けることは
ものすごく嬉しい。。

鍵コメさんのワンちゃんと同じ治療も1つの選択肢としてあるということは先生から告げられました。
動物って本当に強いですね。
ワンコもそんなふうに闘っているんだから飼い主が弱音は吐いてはいけませんね。

これからもお互い頑張りましょうね。
私がブログで弱音を吐いていたら、喝を入れてやってください(笑)


Commented by spice_ree at 2010-06-23 22:15
◆プリエママ
どうもありがとう。
食欲が戻ったので、バンバンサプリを飲ませてますよー(笑)
この勢いでガンなんか消滅して欲しいって思っちゃうけど、
過剰な期待はしないで、多くは望まないから、とにかくガンにはおとなしくしていてほしいです。

負の気は排除ね、、、!
10日前だったら絶対に無理だったけど(笑)もう泣いている暇ないから。
前向きに明るい闘病生活を送ります♪
本当にありがとう!
Commented by まい at 2010-06-23 22:19 x
ご無沙汰しています
ビーグルのんとラブラドールさきの飼い主です

のんは去年17歳7ヶ月で亡くなりましたが、先生が心音を聞くと雑音しか聞こえないほどなのに歩いてるのが信じられないというくらい、晩年も元気に過ごしていました
犬には人には計り知れないパワーが備わってるって思います
実際、のんは16歳を過ぎても飛行機に乗って沖縄旅行をしたくらいですから!!
チェリッシュちゃんもきっと頑張ってくれるって信じてます
Reeさんも負けないでくださいね
陰ながら応援しています
Commented at 2010-06-24 07:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by andymiumiu at 2010-06-24 09:29
アンディも大手術から昨日でちょうど1年。
再発はしてるけど、なんとかうまく付き合いつつ
頑張ってるよ。
ちぇりも副作用になって負けないで、
穏やかな毎日が過ごせるように心から祈ってます!
楽しいこといっぱいして免疫力UPだからね!
ファイト!
Commented at 2010-06-24 09:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-06-24 10:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by piccolo-rosa at 2010-06-24 10:27
がんにならない・がんを抑える・再発しない方法のひとつに、
笑うといいって聞いたことがあります。
笑うとNK細胞が増えてがん細胞を抑えるらしいんですよね。

これって、ヒトだけじゃなくってわんこもそうなのかな?
だとしたら、痛かったりつらいかったりすることも多くて大変でしょうけど
ちぇりちゃんもReeさんも明るく楽しく過ごして、NK細胞いーっぱい作って
ガンをやっつけちゃってくださいねっ!
Commented by スマまま at 2010-06-24 14:00 x
お久しぶりです。
チェリちゃん良いお顔してますね。きっとママさんやみんなといると、元気になれるんでしょうね。
何もできませんが、応援だけは一生懸命しています。色々大変でしょうが、お疲れの無いように。
Commented by NORI at 2010-06-25 01:48 x
落ち込むだけ落ち込んだら、後は前向きになるのみ!
うんうん。チェリちゃん、まだ目ヂカラあるよ!!
それにしても、先生スゴイね。
美味しいご飯が出てくる出てくる。(@_@)
なんか、これだけでもイイ病院だわ。
頼もしい先生達とタッグを組んで、頑張っていこうね。
チェリちゃんに美味しい事、楽しい事、嬉しい事がいっぱいありますように願っています。
Commented at 2010-06-25 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by spice_ree at 2010-06-25 15:05
◆まいさん
お久しぶりです!!
いつのまにかまいさんのHPがわからなくなってしまって残念だったんです。
またお話が出来て嬉しい~
そうですか、さきちゃんはお星様に・・・・
そしてのんちゃん!なんと16歳で飛行機旅行だなんて!
ラブの16歳は長生きですよね。嬉しいなぁ♪
そうですよね、ワンコはすごいパワーを持っているんですから、
きっとチェリも何かを起こしてくれると思います。
ありがとうございます。
またHPにもお邪魔しますね!
Commented by spice_ree at 2010-06-25 15:08
◆鍵コメ2010-06-24 07:28 さん
応援嬉しいです!本当に力がでます。
ありがとうございます!
そうそう、私もチェリも我慢は禁物ですよね。
楽しいことをいっぱいして、美味しいものもいっぱい食べて
免疫力アップします♪
免疫力アップしたら、自然治癒力もあがりますものね。
きっと腫瘍くんも大人しくしていてくれるかな(笑)
Commented by spice_ree at 2010-06-25 15:52
◆みうさん
ありがとうね。。。
病気とうまく付き合えたら一番いいよね。
消えてとは言わないから、いてもいいから、大きくならないでね、
転移しないでね、だよね(笑)
今はいっぱい食べてくれるから、いまのうちに体にいいものを
たくさん取り入れて体力をつけてもらおうと思ってます。
アンディのことも悩んでしまうと思うけど、お互い頑張ろうね!!
Commented by spice_ree at 2010-06-25 15:59
◆鍵コメ 2010-06-24 10:06 さん
あぁ、書き込みしてくださってる!!(笑)
ありがとうございます。
みなさんからの一言一言がどんなに心強いことか。
チェリに私の気持ちは伝わっているでしょうか。
いつも私をじーーっと見ているからテレパシーを送っているんですけど、
チェリは ただ 「オヤツをくれー!!」 ってアイビームを送っている
だけだと思うんですよね^^;
私の心配までありがとうございます。
私が倒れたらチェリも倒れてしまいますから。
だから大丈夫です!!


Commented by spice_ree at 2010-06-25 16:04
◆ローザまま
笑うといいって私もテレビで見たことがある!
だからある病院では 小児病棟でピエロの格好で子供たちを笑わせて癒す治療法を取り入れてるって。
逆にストレスはがん細胞を増やしてしまうんだよね。
だから病気になっても、なるべくチェリの生活は制限しないで
楽しいことをいっぱいさせてあげたいなって思ってます♪
よかったらまたチェリとも遊んでやってくださいね!
ありがとう~~♪
Commented by spice_ree at 2010-06-25 16:10
◆スマままさん
何もできないだなんて、その応援の一言だけでどんなに勇気づけられることか!
ありがとうございます。
チェリ、良い顔をしているように見えてたら嬉しいです。
一瞬一瞬、たわいのないことでもチェリが幸せに感じてくれてたら
きっとそれが良い方向へ繋がると信じていますから。
これからも応援してください!
Commented by spice_ree at 2010-06-25 16:16
◆NORIさん
ありがとう~
NORIさんのブログも見たよ♪
ラスタくんの楽しそうにお散歩している姿に感動してしまいました。
すごいパワーだね。
また元気に歩いているんだもん。
シニアチーム、まだまだ頑張れるよね!!

病院の先生、ナイス♪でしょう?
もう8年くらいお世話になっているんだけど、
何度もいろんなことで助けられました。
心配なことがあっても24時間対応してくださるから、
本当に心強く思っています。

そう、私もいっぱい泣いたから、もう前進あるのみ!
お互いにファイト♪だね!
Commented by spice_ree at 2010-06-25 16:29
◆鍵コメ 2010-06-25 11:21 さん
私はもっと早く発見できなかったのかって後悔してしまっているんだけどね。。
でもそんなことを言ってもしょうがないし!
幸い、クスリが効いて体の調子もいいので、今は出来ることは何でもしたいと思ってます。

そうだね、少しずつ悪性組織球腫のことも解明されてきているのかな。
長いこと頑張っているワンコも多いみたいで希望が持てます♪

先生、すごいでしょ??
うちでも美味しいものをたくさんあげてみたんだけどなぁ^^;
先生からもらうと美味しかったのかなぁ(笑)
チェリが点滴している間、奥からすごくいい匂いがしてきたから、
思わず、「先生たちのお食事の時間ですか?」って聞いちゃったの。
そしたら入院しているワンコたちの食事だって!
いったいみんな何を食べてるんだろうね(笑)



Commented at 2010-06-28 11:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by spice_ree at 2010-06-29 00:32
◆鍵コメ 2010-06-28 11:39 さん
というわけで ↑ 、そうなんですーーー!!(笑)
遠いところにいらっしゃる鍵コメさんがよくご存知なのでびっくりしました!
新しいご縁ができて嬉しいです~(*^^*)!
Commented by ウィルママ at 2010-07-05 19:19 x
チェリちゃんの病名を聞いてびっくり〜
前日まではブログ拝見していたのですが・・・。
P・IDAさんが本日入らして、お話伺いました。
素晴らしい信頼おける獣医さんと一緒に、チェリちゃんにとって一番楽な方法で日々が過ごせるように〜〜
普段の生活をして、お口に入るものなら何でも食べさせて、楽しい事いっぱ〜いする事が一番のお薬だと思うのですよ♪
親としては辛いときも有るけれど・・・やっぱりワンに伝わってしまうので。
お嬢さん3頭も立派に育てているリーさん♪
神様がきっと見守って下さいますよ♪
ウィル&ジュリと同じ病気でも場所に寄って治療方法が違いますものね。
遠くからパワーを送っていますよ〜

Commented by spice_ree at 2010-07-07 12:54
◆ウィルママさん
こんにちは!
新しい家族を迎えられたとのこと!
この間、ペロッズさんから伺いました。
またにぎやかになりましたね。
軽井沢に行きたいと思っていますので、
お邪魔したいです。

病名は確定診断ではないのですが・・
というのも、腫瘍が体の奥のほうにあって、針ではわずかの病片しか
取れなくて、「悪性組織球腫を疑う」 という結果だったのです。
結果を聞いたあと数日間はメソメソしていましたが、
何かが吹っ切れて・・・
今はもう前しか見ていません!
化学療法には頼らざるを得ませんが、ウィルママさんもっしゃっているように
やっぱり一番のクスリは美味しいものをいっぱい食べさせて、疲れさせない範囲で楽しいことをいっぱいすると思っています。
チェリの自然治癒力を信じて、できるだけ長くうまく病気と付き合えたらいいなと思っています。

応援、ありがとうございます!!
きっと周りのみなさんのプラスのオーラがチェリを元気にしてくれると思います♪
line

夫(トミー)とフラットコーテッドレトリバー★チェリッシュ(13歳)あいる(9歳)との日々 シャノンは11歳半でお空へ行ってしまいましたが、時々登場します(^-^)


by Spice_Ree
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30