Spice日記(フラットコーテッドレトリーバーとの毎日)

spiceree.exblog.jp ブログトップ | ログイン

絶対に心に止めておかないといけない大切なこと

このエッセイを初めて読んだのは少し前のことでした。
お友達のブログで見て、みんなもそうなったように、私も涙が止まりませんでした。
誰に話すこともできないくらい悲しすぎて苦しすぎて、自分の中に封印してしまったのです。

でも、先日受けたアニマルアロマセラピーのセミナーで年間何十万頭ものワンコが
シェルターで安楽死をさせられている現実を聞かされました。
年間何十万頭・・・・ アメリカ全土の数字じゃないんです。
ロスだけでこの数字です。
自分のうちの犬達と同じ、なんの罪もない純粋な犬達が
人間の勝手な都合でこの世に生を受け、そして命を絶たれているのです。
その話を聞いた時、私はこのエッセイのことを思い出しました。
これは目を背けてはいけない、今この瞬間にも行われている現実なんだということを
決して忘れてはいけないと思い、私もブログに載せていただくことにしました。
犬と暮らすということは、いつもいつも絵に描いたような毎日があるわけではありません。
でも、一度家族になったコはどんなことがあろうと、最後まで幸せにしなければいけない
義務が私たちにはあるのです。

英文と和訳、両方あります。

How could you?
by Spice_Ree | 2005-10-04 17:45 | ワンコ | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://spiceree.exblog.jp/tb/2826543
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アリエルママ at 2005-10-04 20:31 x
今読みました。どんなことがあっても守らなくてはいけないと思いました。
リーさんのおっしゃるとおり最後まで幸せにしなければならない義務が私達にはあるんですもんね!読みながら鳥肌が立って今もあの音楽が耳に残って涙が止まりません。うちの近所にもずっとつながれっぱなしのわんこがいます。薄暗いところで人が通るとわんわんって気づいてほしくていつも吠えているわんこです。泣いているように聞こえて最近通らなくなっていました。この詩を読んで私にもできることがあるんじゃないかって思えて。事情はあるにせよ、おうちの人に話しかけてみようと思いました。
Commented by Spice_Ree at 2005-10-04 23:53
アリエルママも涙してしまったんですね。
これを読んでワンコを心から大切にしようという気持ちを改めて思い出すだけで きっとたくさんのワンコが命を落とさずに済むと思うんです。
もし何かの事情があって、最後まで面倒を見られないことになったら、
そのコを幸せにしてくれる家庭を探すことが本当の愛情ですよね。
安楽死、、わかってはいるけど、こんなふうにリアルに文章で描写されるといたたまれません・・




Commented by KJ at 2005-10-05 03:47 x
ワンコは全て受身であるのですものね。。
もし、自分がこのワンコだったら、、最後に係りの人が近づいてきて。。
と思うと、安楽死という事実は、つらいですね。
理想と現実と、答えの無い場所なんですね。。
リーさんと同じ思いで、全てのワンコが幸せである事を祈ります。

話は変わって、、動物のマッサージや、動物のためのセラピーを勉強できる学校が、
LA郊外にあると聞きました。
機会があれば、講習を受けに。。。どうですか??? 笑)
Commented by びまま at 2005-10-05 11:15 x
こんにちは りーさん 以前にも読んだ事があるのですが
これから犬を飼おうかなと考えている人にも まず読んでもらいたいですよね いまだにショーケースの中で命を売買されている日本・・・流行犬種を作り出しては 一気にその犬種に集中してしまう人々 そのブームが去った時に 悲しい末路をおくる繁殖犬達の存在他 知って欲しい事は沢山ありますね 命は人も動物も その重さに変わりはないものね


Commented by 日本大鰐 at 2005-10-05 13:38 x
こんにちは。 私は「大幅に給料が減ったら?」とか「自分や家族が大病を患い長期入院し多額の治療費が必要になったら?」とか考えると、とても不安になります。 How could you?の片方の主人公である「夫であり父親である男性」を私は一概には非難できません。
「人の親として優先順位はかくあるべき」と言う世間一般的な序列から言うと 妻・我が子>犬 なのだと思います。
「家族を取るのか犬を取るのか」。。。そんな選択肢が、私に突き付けられない事を祈って生きるしかありません。
私の友人で管理職に昇進した変わりに残業手当が無くなり収入が3割近く減った人がいます。 ラブを2頭飼っています。 フードを今までの1/3以下の値段のものに変え、フィラリアの薬も個人輸入し、何とか維持していたそうです。 でも先日、とうとう奥さんに「犬より子供達の方が大切だと思うなら、自分でどうすればいいか考えて!! 最後まで言わなくても判るでしょー」と言われたそうです。

全くもって他人事ではありません。 ですから私は胸を張って「どんな事があっても最後まで守る」とは言い切れません。 他の愛犬家がこれを読んだら非難の嵐かもしれませんが。。。
Commented by Spice_Ree at 2005-10-05 14:22
◆くじちゃん
私はこのワンコが自分ちのコだったらと思っちゃったよ(;;)
最後の力で尻尾を振った時の様子が辛くて・・

セラピーについてはアメリカのほうが考え方がはるかに進んでいるもんね。
アロマは馬に使われることも多いみたいだよ。
講習受けに行ったらくじ家にホームステイできる??(ノ∇≦*)
Commented by Spice_Ree at 2005-10-05 14:44
◆びまま
そうだね。綺麗な部分の裏には悲しい部分も潜んでいることをしておかないといけないね。
ブームを利用して命を粗末にする業者は許せないもんね。
うちは大きなお庭もないし、いつも自然の中で遊ばせられるわけじゃないし、ごはんもいまいちかもしれないけど、
愛されているんだ、ってことがちゃんとわかるような毎日にしてあげたいな(^^;
Commented by Spice_Ree at 2005-10-05 15:02
◆日本大鰐さん
誰も大鰐さんを非難したりしません。
夫が妻子供をワンコより優先に考えるのは当然のことだと思います。
日本の場合なんて特に住宅事情もあるし、転勤などで、泣く泣くワンコを手放す人も多いんじゃないでしょうか。

この場合は自分のうちのワンコを可愛がってくれる家を探す努力もせず、簡単にシェルターに連れて行ってしまったことに疑問を感じてしまいました。
老犬に新しい家が見つかる確率なんてほとんどなく、動物実験か安楽死の道しかないようなものなのに、簡単に・・・
最後まで愛情を持っていたらそんな選択できないんじゃないかなと思いました。
Commented at 2005-10-05 23:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Spice_Ree at 2005-10-06 02:55
◆鍵コメ2005-10-05 23:27 さん
私も途中までこれはしょうがないことなんだって思った。
もし今、私に子供ができたら、3頭の面倒を見るのはものすごく大変なことになってしまうと思うから。
でもやっぱり飼い主さんの心が離れていくのは切ないよね。
愛情が残っていたら、安楽死させられた愛犬がゴミ同然に処理されることなんて耐えられないと思う。
いくら心が離れたとしても、わんこは立派な一つの命なんだよ・・・
line

夫(トミー)とフラットコーテッドレトリバー★チェリッシュ(13歳)あいる(9歳)との日々 シャノンは11歳半でお空へ行ってしまいましたが、時々登場します(^-^)


by Spice_Ree
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30