Spice日記(フラットコーテッドレトリーバーとの毎日)

spiceree.exblog.jp ブログトップ | ログイン

カテゴリ:虹の橋( 7 )

ありがとう さくらちゃん

c0050400_2073399.jpg


11月16日金曜日
チェリたちがお世話になっているA動物病院のさくらちゃんが旅立ってしまいました。
偶然その瞬間を見守ることになり、今もさくらちゃんのことが頭から離れません、、
7月から闘病していたけど、奇跡的な回復を見せてくれて無理だと思われていた伊豆旅行に
連れて行ってもらえたさくらちゃん。
美味しいものもたくさん食べさせてもらえてよかったね。幸せだったね。
今まで仲良くしてくれてありがとう。
院長先生ご自慢の美人で控えめだったさくらちゃんのこと、絶対に忘れないよ。
一足先にお空に行ってしまったシャノンとも仲良くしてあげてね。
by Spice_Ree | 2012-11-19 10:07 | 虹の橋 | Trackback | Comments(0)

みんなまた会おうね

今年に入って1月27日にシャノンの姉妹犬のシェンベルが突然お空に旅立ってしまいました。
そしてその後、次々と、、本当に次々と、、仲良しのワンコたちが虹の橋へ。
みんな二桁だから、それなりの年齢ではあるけれど、昔から知っている仲間がいなくなるのは
本当に寂しい。
でもこちらは寂しいけど、お空は寂しくないね。
みんなまたいつか会おうね。
絶対だよ。。。!

シェンベル(左)とシャノン(右)
いつも一緒にお誕生日をお祝いしていたね。本当に可愛いらしい姉妹だったね。
c0050400_23191067.jpg

ノイちゃん 
いっつもお目目キラキラのノイちゃん、キャンプしたり、クリスマスパーティしたり、たくさん一緒に遊んだね。
c0050400_23192665.jpg

ジョディちゃん
シャノンもジョディちゃんみたいに歳を重ねていってほしかったのになぁ。
15歳のジョディちゃんは今でもみんなの希望の星だよ!
c0050400_23193910.jpg

ないるさん
一緒に旅行したり、バーベキューしたり、海にも行って楽しかったね。
c0050400_23195229.jpg

チェリの妹のプリエちゃん
いっぱい笑わせてくれたね。思い出ありすぎて書けないよ・・・。
c0050400_2320448.jpg


みんなありがとう。
また会える日まで、待っててね。
by Spice_Ree | 2012-05-24 23:20 | 虹の橋 | Trackback | Comments(2)

10日が経って・・・

c0050400_2332348.jpg

シャノンが亡くなってからいただいたお花が終わり始め、時間の経過を感じます。
先週の今頃は元気だったのに、、から、先週の今頃はもうお骨になってしまっていたんだ、、に、
変わってしまいました。

シャノンが亡くなるまでのことを少しだけ書きたいと思います。

シャノンは亡くなる一週間くらい前から1日置きに少しずつ、
ほんの2口、3口のご飯を残すようになってきていました。
お散歩、お出かけ大好きのシャノンで私が出かける時は置いていかれまいと必死で追いかけてきたけど、
車には乗っても公園などですぐには降りたがらなくなり・・・

そして5日前の金曜日にご飯を半分しか食べなくなったのを期に、
土曜日と日曜日はささ身ジャーキーとゆでたレバーをほんの少し食べただけで、
月曜日から亡くなる木曜日の早朝まで何も口にしませんでした。
土曜日まで河川敷でお散歩してたのに、その後からはガタガタと音を立てるように体力が落ちていったのです。
日曜日に病院で診察していただいたけど、レントゲンでもエコーでも血液検査でも
大きな異常は見つかりませんでした。
でもその日も食べないようなら明日から点滴をしましょう、と。
月曜日、火曜日と通院で点滴をしたけど、回復を見せず、、
本当は水曜日も病院に行く予定だったけど、もう長くないことを感じた私は家で過ごさせることにしました。
そしてシャノンのお見舞いをしたいと言ってくれていた人たちに連絡をして、会いにきてもらいました。
寝返りを打つのも辛そうになってきていたので、みんなに手助けしてもらい、、私も本当に心強かった。

昼と夜、先生に往診に来ていただくと、夜には2日ぶりに自分で舌を動かして水を美味しそうに飲んで見せ、
そして突然立ち上がって自分で寝返りも打って、みんなを喜ばせちゃいました。
ちょっと期待してしまったんです、もしかしたら、これをきっかけに明日はご飯も食べて回復するんじゃないかと。
でも夜中に乱れた呼吸は穏やかになることなく、朝がくるとそのまま止まってしまいました。

命ってこんなにあっと言う間に消えてしまうの?と思ってしまったけど、
早く消えてしまったんじゃなく、大きく体調を崩すことなく少しずつ、少しずつ、
1年をかけて悪くなっていたんだよね。シャノンはずっと闘ってきたんだよね。
ガンが見つかってから1年も生きていられたこと自体が信じられないと言われたのだから。

我が家に来てから11年余り、叱ったことは数えるほどしかないし、いたずらもなし。
少し頑固だったけど(笑)、聞き分けがとても良くて全くと言っていいほど手のかからなかったシャノン。
火曜日の夜はお庭で自力でう◯ちもして、水曜日は先生にお腹を押してもらってチッチも出したから
亡くなったあとも汚れなかった。最後の最後まで手をかけさせてはくれませんでした。

亡骸は綺麗にブラッシングして、濡れたタオルで身体を拭いてあげ、
お別れに来てくれたトリマーの友人に足の爪を切ってもらいました。
11年半もの間、我が家に幸せを運んできてくれたことに感謝の気持ちでいっぱいでした。
親バカですが、うっとりすほど綺麗でした。
みんなにシャンプーしたばかりなの?と聞かれたけど、最後のシャンプーはいつだったかな?(笑)
しかも、友人に「シャノン、良い匂いがするよ!」と言われ、シャノンの鼻のあたりに顔を近づけるとお花のような良い匂いがしたんです。
いただいたお花の匂いじゃないの?なんて言っていたんだけど、それともちょっと違う。
火葬するまでずっと良い匂いでした。
不思議なできごとです。

後悔することがたくさんあります。
特に最後の4,5日はこうすればよかった、あぁすれば良かったと思ってしまうことばかり。
でも後悔を残しては一生懸命に生き抜いたシャノンに申し訳ないような気もして
あまり考えるのをやめることにします。

GWなのにもかかわらず、シャノンにお線香をあげにきてくれたり、
気にかけてくれた友人達には感謝の言葉しかみつかりません。
ありがとう。
シャノンは幸せ者です。

11歳6ヶ月と21日。。
でも、心の中では永遠だよ。
by Spice_Ree | 2012-05-06 09:26 | 虹の橋 | Trackback | Comments(14)

バルダーくん、ありがとう

2月23日午前5時9分
バルダーくんがお星さまになってしまいました。
苦しむこともなくとても穏やかな最期だったそうです。
発病から余命が数ヶ月と言われている悪性組織球腫を宣告されてから2年以上 病気と闘ってきました。
でも闘っている、という言葉はふさわしくないのではと思うくらい、
特に昨年は元気に楽しい日々を過ごしていました。
たくさんのミラクルを起こし、ミラクルバルダーくんと言われていました。
そんなミラクルバルダーくんからチェリもたくさん勇気をもらいました。

c0050400_12373477.jpg

パパさんとママさんが、最後はバルダーくんがお世話になった人たち、仲良くしてくれた人たちを招いて
みんなでにぎやかに送ってやりたい、という願いで、昨夜はたくさんの人が集まりました。
バルダーくんがパピーだった頃の訓練士さん、お世話になっている獣医さん、
小さい頃からのご近所のお散歩仲間たち・・・・!
笑い声が耐えない バルダーくんが大好きなにぎやかな夜になりました。

一緒に行ったチェリがレッドカードの嵐で(大恥)にぎやかどころか、バルダーくんが 
「うるさすぎて寝ていられないよ!」って怒ってないかなぁって言ってたら、
パパさんが 「いいよ、いいよ、バルダーを起こしてよ!(笑)」って(笑)
本当ですよね、起きてくれたらいいのに。

c0050400_12374869.jpg

一人っこになってしまったローリーくん。
いつもお兄ちゃんのそばに寄り添って一緒に頑張ってきたのですよ。
偉かったね、ローリーくん。
c0050400_1238261.jpg

チェリもバルダー王子のようにミラクルガールになれるように頑張るからね。
お空で見守っていてね。

ありがとう、バルダーくん。
c0050400_12381449.jpg

by spice_ree | 2011-02-25 17:22 | 虹の橋 | Trackback | Comments(6)

デシくん

昨晩、悲しい知らせが届きました。
チェリのだんなさんで、あいるのお父さんが旅立ってしまいました。
まだ8歳9ヶ月。
1年くらい前に骨肉腫がわかって、昨秋、前足を断脚したそうですが、
3本足になっても明るく元気に過ごしていたそうです。
ご家族にいろいろな場所に連れて行ってもらったそうですが、
明るくて可愛いデシくんはどこでも人気ものだったそうです。
女の子みたいに愛らしい表情をしていたデシくんは、男らしいチェリと比較され、
だんなさんがチェリで、奥さんがデシくんみたいだね、って笑われていたものです(笑)
発病する年齢が早すぎます。
みんな当たり前のようにせめて二桁になるまでは元気でいてほしい。
デシくんの分まで、子供たちには長生きしてもらわないと。

4歳の頃のデシーバーくん。
c0050400_1249090.jpg

by spice_ree | 2011-01-22 12:53 | 虹の橋 | Trackback

ゴーちゃん、ありがとう

ちあきさんのうちのゴーちゃんが16日に虹の橋を渡っていってしまいました。

ここ二ヶ月くらいの間、今日はごはんを食べてくれたとか、今日は全然食べなかったとか聞いて
一喜一憂していたような気がします。
11月も下旬にさしかかった頃、容態が悪くなってしまい、「来月までもたないかも」とちあきさんから連絡をもらいました。
でも、寝ている時間がほとんどだったものの、自分の足で歩いておトイレも出来ていたし、
毎日家で点滴しながら、ご飯は食べなくなってしまったけど、
お見舞いに来てくれた人たちがくれるおやつなどは美味しそうに食べていたそうです。

そして12月に入り、12日に14歳のお誕生日を迎えたのです。
できることならお誕生日まで・・・ゴーちゃんはそんなみんなの願いがちゃんとわかっていたのでしょうか。

お誕生日の翌日から自力で立てなくなり、4日後に虹の橋を渡ってしまいました。

最後にお見舞いにお邪魔したとき、寝たまま酸素マスクをあててもらっていた状態だったのに、
ゴーちゃんは何度も頭を持ち上げてじっと私の顔を見てくれました。
でもすぐに力尽きてあごを打ってしまうので、手で頭を支えてあげたりして・・
外出していたちあきさんのお母さんが帰宅すると、やっぱりぐっと頭を持ち上げてお母さんのことを見ます。
まもなく帰宅したちあきさんのご主人のたくちゃんのことも。
耳が聞こえなくなっているので声をかけてもわからないはずなのに、すぐに気付いて頭を持ち上げて。。
ぐったりしているのに、重たい頭を一生懸命に持ち上げるのです。

帰る時に 「また来るからね」ってゴーちゃんに言ったけれども、
でも、ゴーちゃんはみんなにお別れを言っているような気がしてなりませんでした。

ちあきさんから悲しい知らせを受けたのが私がちあきさんの家を後にしてから
4時間後のことでした。



ゴーちゃんに初めて会ったのは2001年の春でした。
私が初めてネットの世界から飛び出して(笑)オフ会に参加した時です。
シャノンなんてわずか5ヶ月のパピーでした。
6歳だったゴーちゃんと初めて対面した場面はいまでも鮮明に覚えています。
以来、本当にたくさん遊んでもらいました。

ゴーちゃん、ありがとう。
ゴーちゃんの笑顔は私だけじゃなくて、たくさんの人たちの心に焼き付いているよ。
これからずっとお父さんのこと、お母さんのこと、おばあちゃんのこと、
そしてシェンベルのことを見守っていてあげてね。


実は虹の橋を渡ってしまったお友達のことをブログに書くのはつらいので
もうやめようと思っていました。
でもゴーちゃんの写真を探していたら、あまりにも思い出が多すぎて・・
ありがとう、の気持ちがいっぱいなので、文字に残すことにしました。

2002年 夏 ビブリにて
c0050400_23154421.jpg

2003年 春 ビブリにて
c0050400_2317323.jpg

2004年12月 レストラン ミウにて ゴーちゃん10歳のお誕生日
c0050400_23264363.jpg

2005年 我が家にて
c0050400_23412341.jpg

2006年10月 用賀倶楽部にて いつも一番最初に動いてしまうゴーちゃん(笑)
c0050400_23425090.jpg

2006年 我が家で忘年会&新年会 (左端がゴーちゃん)
c0050400_23313482.jpg

2007年5月 みんなで軽井沢へ (右から2番目がゴーちゃん)
c0050400_23463914.jpg

2008年12月6日 
もうほとんど食べ物を口にしていなかったのに、自分から食べたいと立ち上がって、
持っていってあげた大きな焼き芋を全部平らげたゴーちゃん
c0050400_23503215.jpg


ありがとう ゴーちゃん
c0050400_032051.jpg

c0050400_2353071.jpg

by spice_ree | 2008-12-23 00:19 | 虹の橋 | Comments(4)

パニッシュ、ありがとう

シャノンのお母さんのパニさんが旅立ってしまった。
4ヶ月前、病気だとわかった時、飼い主さんは「早くてあと数日」なんていう、
あまりにも残酷な言葉を医師から告げられて、それを聞いた私もびっくりして涙が止まらなくなってしまいました。
でも、そんな医師の言葉を忘れさせてくれるくらい、そのあとは旅行に行ったり、泳ぎに連れて行ってもらったりと、とても元気な姿を見せてくれたみたいで、私も進行が少しでも遅れることを祈っていました。

私が初めてフラットという犬種を見にブリーダーさん宅を訪れたときに出会ったパニ。
かっこよくて、可愛くて、でも気高くて、色気もあって、なんて素敵なコなんだろうって思いました。
パニの子供が欲しい・・・と思っていたら、縁があってシャノンが我が家に来てくれました。
誰からも愛された可愛いパニ、もう会えなくなってしまったなんて本当に寂しいです。

◇◇ 昨年のシャノンの誕生日はパニお母さんも一緒でした。
ククルちゃん(左) パニ(真ん中) シャノン(右) ◇◇
c0050400_23254919.jpg


◇◇ ケーキのクリームを鼻に付けているお茶目なパニが可愛くて、
しばらく私の携帯の待ちうけ画面になっていた一枚(笑) ◇◇
c0050400_2327460.jpg


◇◇ 今年1月に行われた10歳のお誕生日会。姉妹犬たちと。
チャアちゃん(左) パニさん(真ん中) レディちゃん(右) ◇◇
c0050400_233001.jpg


◇◇ 今年6月、カフェで。◇◇
c0050400_23311683.jpg


◇◇ 自宅にて。パニさんの横顔ってシャノンに似てる・・・・ ◇◇
c0050400_23322256.jpg


虹の橋の向こうで、また大好きなボール遊びがたくさん出来るね。
大好きだよ、パニ。いつまでも忘れないからね。シャノンを生んでくれて本当にありがとう。
c0050400_2335042.jpg

by spice_ree | 2008-10-08 23:27 | 虹の橋 | Trackback | Comments(8)
line

夫(トミー)とフラットコーテッドレトリバー★チェリッシュ(13歳)あいる(9歳)との日々 シャノンは11歳半でお空へ行ってしまいましたが、時々登場します(^-^)


by Spice_Ree
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28